09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ナシ売りと仙人 

ナシ売りと仙人
中国の昔話


 むかしむかし、ある町の道ばたで、一人の男が車につんだナシの実を売っていました。
「さあ、甘いナシ。おいしいナシ。買ってくださいよ」
 するとみんなが集まってきて、次々とナシが売れていきます。
 そこへ、ふと一人のおじいさんがやって来ました。
 おじいさんはボロボロの着物を着て、肩にかついだクワに小さな包みを一つぶらさげています。
 ナシ売りのそばまで来ると、おじいさんはていねいにおじぎをして言いました。
「のどがかわいて、困っています。お願いですから、そのナシを一つくださいませんか」
 すると、ナシ売りは、
「ふん! バカな事を言うんじゃない。売り物のナシを、一つだってやれるもんか!」
 おじいさんは、がっかりです。
 すると、客の一人がナシ売りに言いました。
「お金はわたしが払ってやるから、おじいさんにあげておくれよ」
 するとナシ売りは、一番小さなナシをおじいさんに渡しました。
「ほらよ」
 おじいさんはナシを受け取ると、お金を出してくれた人にあいさつをしました。
「どうも、ありがとうございます。このお礼に、これからわたしがみなさんにおもしろい物を見せましょう」
 そう言っておじいさんは、ナシの実をムシャムシャと食べました。
 そして残ったタネを、すぐそばの土の中へうめました。
「さあ、このタネに水をかけると、すぐ木になって実がなりますよ」
 それを聞くと、みんなは笑い出しました。
「このおじいさん、頭が変じゃあないのか? タネをまいて実が出来るまで、何年もかかるというのに」
 しかしおじいさんはそんな言葉を気にせず、どこからか水の入ったツボを持ってきて、そのツボの水を土の上にふりかけるとこう言いました。
「天の神さま、土の神さま、タネから芽を出させてください。今すぐに、出させてください」
 するとみるみるうちに、土の中から芽が出てきて緑の葉が開きました。
「おおっ!」
 見ていたみんなは、ビックリです。
「続いて、花を咲かせます」
 おじいさんがナシの芽にツボの水をふりかけると、ナシの芽はグングンのびて太い木になりました。
 そして枝につぼみがいっぱいついたかと思うと、パッ、パッ、パッと、まっ白い花がさきました。
 やがて花がちってしまうと、そのあとにたくさんの実がなりました。
「さあ、みなさん、食ベてください」
 おじいさんはそう言って、ナシの実をもぎ取るとみんなに配りました。
「ほう、これはうまいなあ」
「うん、ナシ売りのナシより、十倍はうまいぞ」
 みんなは、大喜びです。
「ではみなさん、わたしはこれから遠くへ行くので、このナシの木は持っていきます」
 おじいさんはクワで土をほってナシの木を引きぬくと、やがてどこかへ行ってしまいました。
「なんとも不思議なおじいさんだなあ」
「あれはきっと、仙人だよ」
「そうだ、仙人にちがいない」
 みんなが話しているうちに、欲張りのナシ売りは、はずかしそうにコソコソ逃げていきました。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/10/21 Mon. 09:30 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form