08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

うたう、おなか 

うたう、おなか
北海道の民話


 むかしむかし、アイヌの村に、パナンペという男の子が住んでいました。
 パナンペはとてもいい子で、お父さんやお母さんの言うことをよく聞いて家の手伝いをしました。
 ある日の事です。
「今日は天気がいいから、山へたきぎを取りに行こう」
 パナンペはオノを持って、山へ行きました。
 山はあたり一面まっ白につもった雪に、お日さまの光がキラキラとかがやいています。
 雪をかぶった木の枝では、小鳥がさかんに鳴いています。
「ああ、なんてきれいな歌だろう。でもいったい、なんていっているんだろう?」
 パナンペは、耳をすましました。
 すると小鳥は、よけいに声をはりあげました。
♪カニチョロチョロ ピイツンツン
♪コガネチャラチャラ ピイツンツン
♪シロガネチンチン ピイツンツン
「カニチョロチョロって、なんのことだろう?」
 小鳥はくりかえしくりかえし、鳴いています。
 パナンペは口をポカンと開けて木の上を見上げ、夢中になって聞いていました。
 するとそのとき、小鳥が木の枝からパッと飛びたちました。
 そして小鳥はなんと、パナンペの大きく開けた口の中へ飛びこんでしまったのです。
 パナンペはビックリして、思わず口の中の小鳥を飲み込んでしまいました。
「あっ、小鳥をのみ込んじゃったぞ! お腹が痛くなりはしないかな?」
 パナンペは心配になって、そっとおへそのあたりを押さえてみました。
 するとお腹の中から、きれいな小鳥の歌が聞こえてきたのです。
「わあ、大変だあ!」
 パナンペは、家へ飛んで帰って言いました。
「お父さん、お母さん、ぼくのお腹の中で小鳥が歌を歌うんだよ。ほら」
 おへそを押さえると、
♪カニチョロチョロ ピイツンツン。
と、小鳥が歌い出したので、お父さんもお母さんもビックリ。
「こりゃ、いったいどうした事じゃ?」
 パナンペの歌うお腹は、たちまち評判(ひょうばん)になりました。
「ちょっと、おへそを押しておくれ」
 パナンペがおへそを押すと小鳥の歌が聞こえてきたので、みんなはとても感心しました。
 これを見ていた友だちのペナンペは、パナンペがうらやましくてたまりません。
「ふん。ぼくだって、それくらい出来るさ」
と、ばかり、パナンペのまねをして、おへそをギュッと力いっぱい押しました。
 すると、お尻から、
「ブーーーーッ!」
と、大きなおならが出てきたのです。
「ペナンペのは、ずいぶんとへんな小鳥の歌だね。ハハハハハハハッ」
 みんなが大笑いするので、ペナンペは恥ずかしくくなってこそこそと逃げ出しました。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/08/23 Fri. 09:57 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form