08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

クジラ長者 

クジラ長者
長崎県の民話


 むかし、深沢儀太夫勝清(ふかざわぎだゆうかつきよ)という、クジラ捕(と)りの名人がいました。
 勝清はクジラ捕りで大金持ちになり、野岳湖(のだけこ)をつくったことで知られています。
 その勝清の孫の与五郎(よごろう)も、おじいさんに負けないほどのクジラ捕りの名人で、いつも、
「クジラがたくさん捕れる方法は、ないじゃろうか?」
と、考えていました。

 ある日の事、クモの巣に一匹のこがね虫がかかっているのを見た与五郎は、
「こんな細いクモの糸でも、大きなこがね虫がとれるのか。・・・そうじゃ、アミでクジラを捕ってみよう」
と、さっそく大きくて丈夫なアミを作りました。
 このクジラをアミで捕る方法は大成功で、毎年、数百頭のクジラを捕ることが出来ました。
 与五郎はおじいさんに負けないほどの長者(ちょうじゃ)となり、立派なご殿を建てました。

 ある夜、一頭の母クジラが与五郎のまくらもとに現れて、涙ながらに頼みました。
「与五郎どの、わたしは子連れの母クジラです。お腹には、もうすぐ生まれる赤ちゃんもいます。わたしが捕まると、いまいる子どもも、もうすぐ生まれる赤ちゃんも死んでしまいます。どうかわたしを、見逃してください」
 それを聞いた与五郎は、母クジラに言いました。
「わかった。あすは決して、子連れのクジラには手を出さないよう、みなに言っておこう」

 しかし翌日、与五郎は子連れのクジラを捕らないように伝えるのを、うっかり忘れてしまったのです。
 その日の夕方、子持ちクジラと子クジラが浜にあげられました。
 それを見た与五郎は、大変かなしみました。
 そしてその日からクジラが捕れなくなり、浜はすっかりさびれてしまいました。
 元気だった与五郎は六十歳でこの世を去り、そして子孫には不幸が続いたという事です。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/08/20 Tue. 10:39 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form