06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

フク供養 

フク供養


春分の日は、別に「お大師さん」とも呼び、下関近郊では「旗貰いの日」として、子供たちに喜ばれている。
米を一つまみ程度、和紙に包んだ「おひねり」を幾つも作り、地蔵尊をまつる家を回って、旗菓子と交換するのだが、昔は、ぜんざいや、おはぎで接待する家もあった。

昭和50年3月21日、子供たちが旗貰いに走り回っている頃、南風泊市場では、「河豚供養」が行われていた。
前年秋、唐戸から引っ越したこの市場は、日本一のフク市場を目指して意気軒昂たるものがあったが、幕を開けてみると、思わぬ話題が渦巻いた。
フク漁のスタートは例年に比べ、約二十日も早く、関係者は「幸先よし」と喜んだものであった。
ところが、シーズンに入ってまもなく、黄海で「軍事警戒ライン侵犯」という事件が起こり、中国側の厳重な抗議によって業者も自粛したため、水揚げが激減した。

水揚げが減れば当然セリ値は高くなるが、石油ショック以来の不況は益々深刻化して、フク需要は落ち込む一方であった。
それでも年末の需要最盛期だけは、例年とほぼ同じ水揚げと出荷のバランスを取り戻し、業者をほっとさせたものであった。
しかし、それもほんの束の間の喜びでしかなかった。

食通で知られる人間国宝の坂東三津五郎丈がフクのキモに当たって亡くなったからである。
いわゆる三津五郎ショック。そのショックで京阪神方面の需要が激減し、相場はトラフクの白生きがキロ当たり七、八千円の高値から、千円台にガタ落ちしたから、下関市と関係業者は大慌てで打開策に乗り出した。

調理師講習会を開いたり、フク料理の安全PRを全国に展開し、ようやくその努力が実って相場が例年並みに回復したのは、二月も下旬のことであった。
それにしても、京都の料理屋で起こった三津五郎さんの死は、「調理師の料理なら絶対当たらない」と自信を持ち続けてきた下関の業者にとっては、実に迷惑な出来事であったといわれても仕方があるまい。

フクの本場を自認する下関では、昔からシラコ(精巣)は食べても、マコ(卵巣)とキモ(肝臓)は絶対に食べてはならないとされている。
「シビレルくらいがフクの醍醐味だ」とか、「下関のフクはキモを食わせないから美味しくない」など通ぶる声には耳を貸さず、下関の業者は敢えて、内臓の調理を拒否しつづけてきた。

フクの異名に鉄砲とかカセンバ(棺桶)とかがあるが、下関ではそんな呼び名はなく、「絶対に当たらんものはフクと天気予報」。


冨田義弘著「彦島あれこれ」より抜粋
関連記事

Posted on 2019/08/01 Thu. 13:55 [edit]

category: ぶらたん彦島

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form