07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ばかよくの川流れ 

ばかよくの川流れ


 いつのころのことか、あまりむかしのことではなかったド。
 
 その年の夏は雨が少なくて、しかも、来る日も来る日もかんかん照りの日が続いたんだド。田や畑の作物も生気を失って、小川の魚なども死んでうき上るようになったんだド。
そのような天気続きであったので、雄物川(おものがわ)の水もだんだん少なくなり、あちこちに浅せができたド。川底の岩はだも水の上にあらわれるようになったんだド。
雄物川をわたるためには、わたしぶねがゆいいつの手だんであったころなので、川岸の村里にはわたし場があり、わたし守(もり)が休む守小屋(もりごや)があったんだド。
 

 ある日の午後、守小屋に一人の男が声をかけたんだド。
暑い日さかりのこと、わたし守のじいさまも昼ねをしていたけれど、人の声とともに戸口に立った人かげに気づいて起き上ったド。
その男は「向いにわたしてもらいたい。わたしちんは何ぼだ」とたずねた上で、「半分にまけろ」とわたしちんをねぎったんだド。
わたし守は、ねざめの気分の悪さと、男のよくばった強引なかけ合いにはらを立て「水がれの川だ、わたしちんがおしかったら歩いてわたれ」と言って、また横になったド。
男は日よけのかやがさをかぶり、両手に荷物を持っていたが、着物のしりをまくり上げ、そのまま川の中に入って行ったんだド。
 

 さて話は変わって、わたし場よりだいぶ下流でゴリをとっていたじいさまがあったド。
 何やら川の中ほどを流れて来るので、見るとかやがさらしい。「なんだ古がさか」と思ったが、気になってよく見ると、かさをかぶった男が流れていたんだド。
びっくりして人をよび集め、なんとか岸に引き上げていろいろ手をつくしたが、どうしても息をふき返さなかったんだド。
村役たちは、「川流れの男はどこの者だ。どうして水死してしまったのか。どうして水死してしまったのか」と、川上の方に人をやっていろいろたずねたんだド。
そうしたら、わたしぜにをねぎった男が、わたし守をおこらせ、頭を下げてたのみこむことがいやなのか、先を急いだためか、歩いて川をわたり、おそらく岩はだに足をすべらせ深みにはまっておぼれ死んだものだろうと言うことになったんだド。
 

 「運が悪いこと、かやがさをかぶっていた上、わたしちんをもおしむよく心が物を手からはなさなかったので、泳ぐこともよぶこともできなかったべナー。どうまきにぜにっこうんとあったのに...」
 「あまりよくばって飲んだ水も出さなかったから、はらの皮とよくの皮がつっぱって死んだんだべー、ばかよくな男だナー」とあざ笑うものもおったんだド。
とっぴんぱらりのぷ!


協力/秋田市
秋田市雄和市民センター
雄和の民話
関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 09:43 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form