08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

恩知らずの男 

恩知らずの男


 むかしむかしのある冬の日。その年はいつもよりたくさんの雪がふり、人のせたけほどの雪がつもりました。

一人の男が町にでかけた帰り、あまりの雪に道がわからなくなってしまいました。雪はようしゃなくふり続き、足元さえもみえません。

 すると前のほうに大きなかげがあらわれました。
「クマだ」
男ははっとしましたが、大雪で思うように動けません。このままでは食べられてしまうと思ったとき何やらクマが立ち上がり、おいでおいでと手まねきをするではありませんか。
 何だろう、と思った男はクマのあとをついていきました。クマはゆっくり歩いていき、大きな木のそばで止まりました。そして男のほうをむいてから首を上下にふってみせると姿が見えなくなりました。

 男がおそるおそる木に近づくとクマが大きな穴の中に入っていました。どうせこごえて死んでしまうんだ、と半分やけになった男は決心して穴に入っていきました。
 クマはごろりと横になると大きな前足を男のほうにさし出します。男が顔を近づけてみると、クマが前足をぺろぺろなめるマネをしました。男が勇気を出してクマの足をなめてみると、何やら甘い甘いはちみつのような味がします。こうして男は穴の中でうとうとしながら、おなかが減るとクマの足をなめてすごしました。
 
 雪がやみ男が元気に山を下りて来たので村中がびっくりしました。もう死んでしまったんだろう、とだれもが思っていたからです。男は穴の中でクマといっしょにいたこと、クマの足をなめてすごしたことを話しました。

 これを聞いていた一人の猟師(りょうし)が
「しめしめ、この男についていけばクマをしとめることができるぞ」
と思い、男に言いました。
「クマのおかげで助かったんだ。お礼をしたらどうだろう。おれもいっしょに連れてってくれ」
男は、それもそうだ、クマにお礼をしよう、と猟師を連れて大木の穴に出かけました。  
 
 猟師はクマを見つけると銃(じゅう)をかまえてねらいをさだめました。
「やめてくれ」
男はさけびましたが猟師は引き金をひこうとしています。
 すると、クマがものすごいいきおいで飛びかかり、男の顔を大きな手でばりばりと引っかきました。これを見た猟師はおそろしくなって銃をすて、後ろもふり返らずいちもくさんに逃げました。
 
 村の人たちは
「助けてやったのに猟師なんか連れて行って。男があんまり恩(おん)知らずだからこんなことになったんだ」
「いくら相手が動物でも恩知らずなことをしてはいけない」
とみんなで言い合ったそうです。
関連記事

Posted on 2013/04/16 Tue. 11:59 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form