08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

サルと槍使い 

サルと槍使い
奈良県の民話


 むかし、奈良県の柳生(やぎゅう)の里に、柳生但馬守宗厳(やぎゅうたじまのかみむなよし)という、剣術の大先生がいました。
 宗厳(むなよし)は二匹のサルを飼っていて、サルたちに剣術の相手をさせて、すばやい身のこなし方などを学んだと言われています。
 そしてそのサルたちは、毎日のように剣術の相手をさせられているうちに、若い弟子ではかなわないほどの剣術の腕前(うでまえ)を身につけていました。

 ある日の事、長い槍(ヤリ)をかついだ浪人(ろうにん)がやってきて、宗厳の弟子になりたいと願い出ました。
 浪人は、自分をヤリの名手(めいしゅ)だとじまんするので、宗厳は浪人に言いました。
「それではまず、わしのサルどもをそこの竹槍(たけやり)でついてみよ」
 浪人は、あきれたような顔をしましたが、
「槍をきわめたわたしに、サルを相手にせよとはあまりの事。ですが柳生の大先生が言われるなら、いたしかたない」
と、肩にかついできた槍を置くと、道場に立てかけてある竹槍を手にしました。
 連れて来られたサルは胴着(どうぎ)と面(めん)をつけてもらうと、小さな竹刀(しない)を持って浪人と立ち会いました。
「では、はじめ!」
 宗厳の合図と同時に浪人は竹槍を突き出しましたが、サルは軽い身のこなしで竹槍をひょいひょいと上手にかわしました。
 そして竹槍の下をすばやくくぐると、見事に竹刀で浪人の体をうちつけたのです。
「勝負あり!」
 宗厳の言葉に、浪人は目を丸くしました。
「これは不覚(ふかく)。サルになんぞ一本とられるとは、何かの間違いだ。すまないが、もう一勝負させてほしい」
「よかろう」
 宗厳は、もう一匹のサルとも立ち会わせましたが、今度も同じように浪人は負けてしまったのです。
「どうだ、もう一勝負やってみるか?」
「・・・いえ」
 宗厳の言葉に、浪人ははずかしそうに帰って行きました。

 しかし浪人は一ヶ月半のあいだ山にこもると、本気になってきびしいけいこをつみました。
 そしてまた柳生の里にやって来ると、もう一度だけ、サルと立ち会わせてほしいと願い出たのです。
「・・・・・・」
 宗厳はしばらくだまって浪人を見つめる、浪人に言いました。
「そのほう、かなりのけいこをつんできたと見える。今度はサルも、かなうまい。まあいい、サルと立ち会ってみよ」
 宗厳はサルに胴着をつけると、浪人と立ち会わせました。
 サルと浪人はするどい目でにらみ合っていましたが、浪人の真剣な目におそれをなしたのか、サルは急にはげしい鳴き声をあげると、そのまま逃げてしまいました。

 その後、宗厳の弟子になった浪人はめきめきと剣術の腕を上げ、宗厳に次ぐ剣の腕前になったそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/11 Thu. 10:03 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form