07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ヘビがカエルをのむわけ 

ヘビがカエルをのむわけ
大分県の民話


 むかしむかし、神さまが世界中の生き物を作りましたが、まだどの生き物に何を食べさせるのか決めていませんでした。
 生き物たちは何を食べていいのかわからないので、お腹がペコペコです。
 そこで生き物たちは、神さまのところへ行って、
「神さま。早く食べ物を決めてください」
と、お願いをしました。
 すると、神さまが、
「明日の朝、みんなの食べ物を決めてやるから集まるように」
と、おふれを出しました。
 喜んだ生き物たちは、夜の明けるのを待って神さまのところへ出かけました。

 さて、ヘビがノロノロとはっていると、後ろからカエルがやって来て言いました。
「なんだなんだ、長い体で地べたをノロノロと。もう少しはやく進めないのかね」
「そんな事言っても、お腹が空いて力が出ないんだよ」
 ヘビが、力のない声で言いました。
「ふん。そんなに事じゃ、昼になってしまうぞ。まあ、お前は後からやって来て、おれさまのお尻でもなめるんだな」
 カエルはヘビをバカにして、ピョンピョンと飛んで行きました。

 生き物がみんな集まると、神さまは生き物を次々に呼び出して、それぞれの食べ物を決めていきました。
「お前は、草を食べるがよい」
「お前は、花のミツを食べるよい」
「お前は、魚を食べるよい」
 でも、カエルは、なかなか呼ばれません。
 怒ったカエルは、神さまの前に飛び出して言いました。
「早く、おれさまの食べ物を決めてくださいよ! おれさまが、一番先にやって来たのですよ」
 神さまは、うるさいカエルをジロリと見て言いました。
「よし、お前は、虫を食べるがよい」
「えっ? わたしの食べ物は虫ですか!?」
 カエルは、ガッカリです。
 それでも食べ物が決まったので帰ろうとすると、神さまが言いました。
「待て。お前にはもう少し言う事がある。お前はここへ来る時、ヘビをバカにしてお尻でもなめろと言ったであろう」
「まあ、確かに。でもそれは、ヘビの奴があまりにもノロマですから」
「いいわけはよろしい。望み通り、これからはヘビにお前のお尻をなめてもらう事にしよう」
「とっ、とんでもない!」
 カエルはビックリして反対ましたが、神さまは許してくれません。
 その時からヘビはカエルを見つけると、すぐにお尻から飲み込んでしまうそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/10 Wed. 13:06 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form