07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

阿蘇山にたずさわる話 

阿蘇山にたずさわる話


 阿蘇(あそ)山林は、あんたたちは登んなさったつか知らんが、堂があるもんな、お寺みたいな家がむかしあったですたい。そこの東にこうまい谷があるとですたい。それに短い四、五尺(しゃく)の橋が、かかっとるわけですたい。それで、だいたい川はこげん水のなかですたい。

 ところが、熊本(くまもと)の米屋のむすめが阿蘇山に参ったわけですたい。そして、その橋ばわたろうでしたれば、下は大川、大蛇(だいじゃ)と見えるっちゅたふうにしてわたりきらんやったつですたい。

 それで、そのお寺さんにわけば聞いたわけですたい。ところがですな、その米屋がな、親の代から二ますつこうて、あのう、ますに底はめて商いしよったとですたい。親のつみが子にたたってわたれんごつなったちう話ですたい。


「続・くぎの今むかし物語」(久木野村・久木野村老人クラブ連合会)より
協力/阿蘇たにびと博物館 梶原 宏之(敬称略)
関連記事

Posted on 2013/04/09 Tue. 09:15 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form