07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

わすれな草 

わすれな草
スイスの昔話


 むかしむかし、あるところに、とてもなかのよい男の子と女の子がいました。
 あるとき、この二人が山のぼりにでかけました。
 手をつないで歌をうたい、ズンズンとのぼっていくと、やがて川が見えてきました。
「あら、あんなところに花がさいてる」
 女の子がいいました。
 ゴウゴウとながれる川のすぐそばに、青い花がさいていたのです。
 男の子は大好きな女の子のために、その花をとってきてあげようと思いました。
 体がぬれるのも気にしないで、男の子は岩をのぼっていきます。
 ところが、その花に手をのばしたとたん、川の水で足がすべりました。
 男の子はあわてて花をつむと、女の子にむかってその花をなげました。
 そしてそのまま川におちると、すごいはやさで流されていきます。
 ゴウゴウという水の音にまじって、男の子の声が聞こえてきました。
「大好きだよ! いつまでも、ぼくをわすれないでね!」
 そのときから、その青い花には「わたしをわすれないでね」という意味の『わすれな草』という名まえがついたそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/05 Fri. 11:31 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form