01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

お酒の好きな子ザル 

お酒の好きな子ザル
広島県の民話


 むかしむかし、ある山に、お母さんザルと子ザルの親子が住んでいました。
 この子ザルは子どもだと言うのにお酒が大好きで、こっそり人の家に忍び込んでは、お酒をなめていました。
 これを知った猟師は、
「酒を飲むとは、珍しいサルだ。酒をエサに、あのサルを捕まえてやろう」
と、おけに酒を入れて、サルの通る道へ置きました。
「くんくん。おや、いい匂いがするぞ」
 さっそくお酒の匂いをかぎつけた子ザルが、おけのところにやって来ました。
「わあっ、お酒だ」
 子ザルは大喜びで、お母さんのところへ行って言いました。
「あのね、山道にお酒があるんだよ」
 するとお母さんザルは、怖い顔で言いました。
「駄目よ! それはお前を捕まえようとして、猟師がわざと置いたに違いありません。だからどんな事があっても、そのお酒を飲んではいけません!」
 でも、お酒の好きな子ザルは、我慢が出来ません。
「一口だけなら、飲んでもいい?」
「駄目よ!」
「じゃあ、なめるだけならいい?」
「駄目よ!」
「じゃあ、匂いをかぐだけならいい?」
「駄目よ!」
「じゃあ、見るだけならいい?」
 あんまりしつこく言うので、お母さんザルはついに、
「見るだけならいいけど、ぜったいに飲んではいけませんよ」
と、言ってしまったのです。
 子ザルはさっそくおけのところへ行って、お酒を見つめました。
「ああ、おいしそうだなー」
 子ザルは見るだけと約束しましたが、とても見るだけでは我慢できません。
「匂いをかぐぐらいは、いいだろう」
 子ザルはお酒に近づくと、匂いをかぎました。
「いい匂いだな。これは上等な酒に違いないぞ」
 子ザルはさらに近づくと、お酒に顔を近づけました。
「ペロリとなめるぐらいなら、いいだろう」
 子ザルは小さな舌を伸ばすと、お酒をペロリとなめました。
「うわーっ。おいしいな。もう一口」
「これで終わりにしよう。もう一口」
「最後に、もう一口」
「お終いに、もう一口」
「おまけに、もう一口」
「ぷはーっ、・・・酔っぱらっちゃった」
 おけのお酒をすっかり飲み干してしまった子ザルは、その場に倒れて眠ってしまいました。
「しめしめ、うまくいったぞ」
 さっきから木の後ろに隠れていた猟師は、眠っている子ザルを拾い上げると、山を降りて行きました。
 可愛そうに子ザルは、お母さんとの約束を守らなかった為に、二度とお母さんのところへ帰る事は出来ませんでした。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/01 Mon. 09:13 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form