03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ヘビの宝 

ヘビの宝
東京都の民話


 むかしむかし、江戸のある町で、たくさんのヘビが坂道の途中に集まって重なり、なわであんだおけのようになっていました。
 あまりにもめずらしい光景なので、坂道をゆきかう人々は足を止めてながめていました。
 するとその話を聞いた近くに住む十四歳の千吉(せんきち)と言う男の子が、急いでその坂へ走って行きました。
 そしてとぐろを巻いておけのように重なりあっているヘビの固まりの中へ、いきなり手を突っ込んだのです。
「おいおい、馬鹿な事をするな。ヘビにかみつかれたら、どうするんだ」
 見ている人たちが心配して言いましたが、千吉は平気な顔でニッコリしました。
 そして突っ込んだ手の先で何かをつかむと、引き出した千吉の手には古い銅銭が一枚にぎられていたのです。

 千吉は小さい時に死んだおばあさんから聞いた話を、ずっと覚えていたのです。
 千吉のおばあさんは、こう言ったのです。
「いいかい。
 ヘビがたくさん集まっている所はヘビ塚と言って、その中にはヘビの宝があるんじゃ。
 その宝を手に入れた者は運が開けて、一生お金に困らないというぞ。
 もしもヘビ塚を見つけたら、怖がらずに手を入れてみなさい」
 おばあさんが言った事は、本当だったのです。
 そのヘビの宝である銅銭を大切にした千吉は、それからどんどん運が開けて大金持ちになったという事です。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/03/09 Sat. 10:33 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form