01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

吉母 

吉母


三韓征伐を終えられた神功皇后さまは吉母で、応神天皇さまをお生みになりました。
そのとき、浜の“藻”を“よせ”あつめて体に巻かれ、身をあたためられたというところから、“よせも”が「吉母」になったといわれています。

近くの乳母屋神社は応神天皇に乳をお飲ませした神様で、杜屋神社は天皇をお守りした神様であり、また若宮神社は、天皇をおそだてになった神様といわれています。

それから、綾羅木の浜のことを“時の浦”といっていましたが、それは皇后さまの軍隊がこの浜で“ときの声”をあげられたことからきています。
また、安岡の地名も、最初は“やすらが丘”といっていたそうです。
それは皇后さまが、この地方でひと休みされたことから、やすらが丘と呼ばれ、“やすらが丘”が“安岡”と次第に変ってきたのだといわれています。


(注)
下関だけでなく、山口県には神功皇后さまと地名の関係の伝説がたくさんあり、それだけでも一冊の本になるほどです。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2019/03/07 Thu. 10:39 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form