12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

二人の甚五郎 

二人の甚五郎
岐阜県の民話


 むかし、飛騨(ひだ→岐阜県)の山奥に、佐吉(さきち)という彫り物のとても上手な男が住んでいました。
 ある時、佐吉は腕試しをしようと旅に出かけました。
 ところが、尾張(おわり→愛知県)の国まで来た時には、持っていたお金をすっかり使い果たしてしまいました。
 宿(やど)の支払いにも困った佐吉は、宿の主人に何か彫り物をさせてほしいと頼みました。
「よし、それじゃ、宿代の代わりに、何か彫っておくんなさい」
 主人が許してくれたので、佐吉はさっそく彫り始めました。

 翌朝、佐吉は見事な大黒さまを、宿の主人に差し出しました。
「これは見事! こんな素晴らしい大黒さまは見た事がない。これは、家の家宝にさせて頂きます」
 大喜びする宿の主人に、佐吉は申し訳なさそうに。
「彫る木が手元になかったもので、この部屋の大黒柱(だいこくばしら)をくり抜いて使わせてもらいました。お許しください」
「・・・?」
 宿の主人が大黒柱を調べてみましたが、傷一つ見当たりません。
「はて、この大黒柱でしょうか?」
「はい。これです」
 そう言って、佐吉がポンと手を叩くと、カタンと柱の木が外れました。
 なるほど、確かに中は空洞です。
 すっかり感心した宿の主人は佐吉の事を、その頃、日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)の造営(ぞうえい→建物を建築する事)にたずさわっていた彫り物名人、左甚五郎(ひだりじんごろう)に知らせました。
 甚五郎は、さっそく佐吉を呼び寄せて、
「何でもいい、お前の得意な物を彫ってくれ」
と、言いました。
 そこで佐吉が彫ったのは、いまにも動き出しそうな見事な仁王(におう)さまです。
 甚五郎はすっかり感心して、佐吉を東照宮の造営に参加させる事にしました。
「わたしは、竜を彫ろう。佐吉、お前は山門のネコを彫れ」
 天下の左甚五郎に認められたうれしさに、佐吉は力一杯彫り続けました。
 毎日毎日彫り続けて、とうとう山門のネコが彫り上がりました。
 そして、甚五郎やほかの弟子たちの仕事もすべて終わり、東照宮は完成しました。
 検査(けんさ)の役人たちも、その見事さには、ただ驚くばかりです。
 甚五郎を始め、みんなはたいそういい気分になり、その夜は酒やごちそうでお祝いをしました。
 酒を飲み、歌い、盛り上がったみんなは、疲れていたのか、たくさんのごちそうを残したまま、グーグーと眠ってしまいました。

 ところがその翌朝、みんなが目覚めてみるとどうでしょう。
 あれほどたくさんあったごちそうが、一晩のうちになくなっているのです。
「お前が食べたんじゃろうが!」
「とんでもない、お前こそ!」
 弟子たちの言い争いを聞くうちに、甚五郎と佐吉はハッと顔を見合わせました。
 甚五郎はノミと木づちを持ち、山門へと急ぎました。
 佐吉も黙って、あとを追います。
 山門へ来てみると、佐吉の彫ったネコのまわりに、ごちそうを食いちらした跡があります。
 甚五郎はクワッと目を見開くと、
 カーン!
と、ノミと木づちをふるいました。
 その一刀のもとに、佐吉のネコは眠りネコになってしまいました。
 佐吉は甚五郎の腕のあまりのすごさに、思わず地面にひれ伏しました。
「左甚五郎先生!」
 甚五郎は佐吉の肩に手を置き、しみじみと言いました。
「佐吉よ、彫り物のネコに魂が入るとは、お前はまことの名人じゃ。これより、わしの名を取って『飛騨の甚五郎』と名乗るがよい」
「はいっ、ありがとうございます!」
 佐吉の彫ったネコは、そのあと、『日光東照宮の眠り猫』として、とても評判になりました。
 それにつれて飛騨の甚五郎の名前も、大変有名になったという事です。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/12/31 Mon. 13:00 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form