07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

おいしいおかゆ 

おいしいおかゆ
グリム童話


 むかしむかし、ある町に、とても貧乏(びんぼう)な家がありました。
 住んでいるのは、心の優しい女の子とお母さんの二人です。
 ある日の事、この家には食べる物が、もう何もなくなってしまいました。
「困ったわね。すまないが森へ行って、木の実を拾って来ておくれ」
 女の子はお母さんに言われて、森へ木の実を拾いに行きました。
 すると、一人のおばあさんが現れて尋ねました。
「おや、こんな森の中に一人で来るなんて。どうしたんだい?」
「はい、家には食べる物が何もないので、木の実を拾いに来ました」
「そうかい、それは感心だねえ。じゃあ、おばあさんが良い物をあげよう」
 そう言っておばあさんは、女の子に古ぼけたおナベをくれました。
 それは、とても不思議なおナベでした。
 おナベに向かって、
「おナベよ、煮えろ」
と、言うと、温かくておいしいおかゆが自然に出て来て、
「おナベよ、止まれ」
と、言うまで、おかゆは出て来るのです。
 おかげで女の子もお母さんも、お腹が空いて困る事はなくなりました。

 ある日、女の子が隣の町へ出かけた後で、お母さんはおかゆが食べたくなりました。
 そこで女の子の真似をして、
「おナベよ、煮えろ」
と、言ってみました。
 すると、おナベはちゃんとおかゆを作ってくれました。
 ところがお母さんは、おかゆの止め方を知らなかったのです。
「おナベよ、もういらないよ。お腹は一杯だよ」
 いくらお母さんがそう言っても、おかゆはどんどん煮えて、おナベからあふれ出しました。
 やがておかゆは台所からあふれ出ると、家中をいっぱいにして、とうとう家の外へ流れ出しました。
 それでもおかゆは、止まりません。
 隣の家も、その隣の家も、そのまた隣の家も、とうとう町中がおかゆだらけになってしまい、町の人たちもみんなおかゆに流されていきます。
 そして、おかゆが町はずれまで来た時、隣の町から女の子が帰って来ました。
 女の子は、ビックリして言いました。
「おナベよ、止まれ!!」
 やっと、おかゆは止まりました。
 その後、町の人たちは町中にあふれているおかゆを少しずつ食べながら、自分の家へ帰って行ったそうです。

 使い方を知らないの物を勝手に使うと、とんでもない事になると言うお話しでした。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/12/26 Wed. 10:39 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form