01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

勝谷の河童 

勝谷の河童


むかし、勝山には川、沼、池などがいたるところにあり、そこに河童がすんでいました。

ある夏のこと、勝谷の吾作という百姓が砂子多川で、牛に行水をさせていました。
ところが、牛はなにか落ち着かない様子で、さかんに尻尾を振っているので、吾作が牛に近づいてみますと、牛の“シリ”に河童がくっついていました。
噂に聞いたいたずら河童め、よし、こらしめてやれと吾作は、むんずと河童の首筋をつかみ、片手で頭の皿に入っている水をかきだしました。
最初は随分暴れていた河童も、さすがにぐったりとなったところで手足を縛り納屋へ閉じ込めました。

あまりの苦しさに河童は、
「水をくれ、水を、苦しくて死にそうだ。もう二度と悪いことをしないから、助けてください…」
吾作は、もうぼつぼつ助けてやってもいいなと思い、
「よし、許してやろう。そのかわり、田んぼの草をきれいにとること」
と、河童に命じました。

吾作は頭の皿に水を入れてやり、首に縄を結んで畦の上でじっと見張りました。
河童はすばらしい速さで、草をとり始めました。河童が草を取ったあとは、不思議なことに二度と草ははえなかったといいます。

やがて許しを得た河童は、どこからか大石を運んできて、吾作に、
「いままで人間さまに迷惑をかけてきましたが、この石が土になるまで、河童一族は、この土地から姿を消し、一切いたずらはしません」
といって姿を消しました。

その後、河童は勝山から姿を消し、今日まで人間の前に姿を現していません。


(注)
河童は想像上の動物で、本当はいません。
しかし、なんとなくいたずらはするが親しみのある動物です。
よく子どものころ、川や池で遊ぶとき、ナス、キュウリ、トマトなど水に浮いているものには手を出してはいけない。河童が化けているので“シリ”から手を差し込んで、人間の“キモ”をとるからと、よく言われたものです。
そしてこれを防ぐためには、香の煙で体をきよめるか、仏前に供えたご飯を食べていくとよいとも聞かされました。


『下関の民話』下関教育委員会編
関連記事

Posted on 2020/06/16 Tue. 09:19 [edit]

category: 下関の民話

TB: --    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form