06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

白狐の湯 

白狐の湯(びゃっこのゆ) ム山口市ム


 毎年五月になると、湯田(ゆだ 山口市湯田)で、温泉祭りが行われる。
 このまつりには、「白狐おどり」など、白狐にまつわるもよおしがさかんに行われる
 この話は、湯田温泉のおこりとして、いまに語りつがれるふしぎな話である。


 今から五百年ほどむかしのことである。
 湯田の近くに、権現山(ごんげんやま)とよばれる小さな山があった。そのふもとに、ふかい木立(こだち)にかこまれた古いお寺があった。

 ある春の夜のことである。
 だん家の法事にまねかれたおしょうさんは、ついつい引きとめられて帰りがおそくなった。その家を出たのは、だいぶ夜もふけたころであった。ほろようかげんのいい気持ちであった。あぜ道を通りすぎ、寺の境内(けいだい)にさしかかったときである。
 しんとしずまりかえった境内のおくから、ピチャピチャというみょうなもの音が聞こえてきた。おどろいて耳をすますと、ピチャピチャという音が、間をおいては聞こえてくる。
 いまごろ、なんの音じゃろう。
 おしょうさんは、音のする方へ足音をしのばせていった。池のそばまできて、ふっと足をとめた。

 白キツネが一匹、月の光にてらされて、池に足をひたしていたのだ。その白キツネは、ときおり水をかいては休み、水をかいては休みしている。みょうなもの音は、この白キツネの水をかく音だったのだ。
 なお、じっと見つめていると、人の気配(けはい)に気づいたのか、すばやく池からはい上がって、あたりをきょろきょろ見まわした。
 それから、後ろ足をかばうように、ぎこちない走り方で権現山のしげみの方へ消えていった。
「はて、白キツネが、なぜこんな夜ふけに池の中にはいっているのじゃろう。」
 おしょうさんはふしぎに思いながらも、その夜は、そのまま、寺に帰ってねてしまった。

 つぎの日の夜なか、ふと目をさますと、また、あのピチャピチャという音が聞こえてきた。
 さてはまたあの白キツネかと、おしょうさんはそっと起き出して、月明かりの中を池にしのびよっていった。
 やはり、きのうの白キツネであった。白キツネは、ひとしきり池に足をひたすと、ぎこちないあの走り方で権現山の方へさっていった。

 その次の晩も、またそのつぎの晩も同じようなことがくりかえされた。
 七日目の晩がやってきた。
 白キツネは、きまったように池に足をひたし、きまったように権現山へ帰っていった。ただちがうことがひとつあった。
 それは、いつもと走る方がちがうことだった。
 つぎの日から白キツネは、姿を見せなくなった。

「さてさて、みょうなことがあるもんじゃ。どうして足がよくなったのじゃろう。」
 おしょうさんは、ふしぎに思って池に足をひたした。
「やっ、水があたたまっておる。」
 池の水が、ちょうどよいあたたかさになっていた。においをかぐと、温泉のにおいがする。
「これでやっとわかった。あの白キツネ、いたむ足をひたしにここへやってきていたのじゃな。」
 おしょうさんは、さっそく里の村の人たちにこのこを話し、池の近くをほらせてみた。

 すると、思ったとおり、熱い湯がこんこんとわいてきた。
「湯だあ。湯が出たぞうっ。」
 村人たちはよろこびの声をあげた。
 ほりすすめる手にいっそう熱がこもった。なおふかくほりさげていくと、くわの先に固いものがあたった。ていねいに掘りだすと、どろまみれの仏像であった。おしょうさんが、池の湯でていねいにどろをおとすと、みごとな黄金の薬師如来(やくしにょらい)の像があらわれた。
 村人たちはひざまずいて、薬師如来像をふしおがんだ。


 その後、薬師如来像は、温泉の守り本尊として、池のほとりにたてられた堂におさめられた。
 この仏像をおがんで湯に入ると、どんな難病もたちどころになおるといわれ、湯に入りにくる人が後をたたなかったという。その後、だれいうとなく、「白狐の湯(びゃっこのゆ)」とよばれるようになり、いまに語りつがれている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2019/04/29 Mon. 10:02 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form