09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

クルミ割り人形とネズミの王さま 

クルミ割り人形とネズミの王さま
ホフマンの童話


 むかしむかしの、あるクリスマスの前の晩でした。
 女の子のマリーは、お父さんとお母さんから、とってもすてきなプレゼントをもらいました。
 おいしそうなお菓子、おもちゃのウマ、ネジで動く兵隊(へいたい)さん、それから、とてもすばらしいお城。
 その中でマリーがいちばん気にいったのは、変なかっこうをしたクルミ割り人形でした。
「あたし、あなたが大好きよ」
 マリーがクルミ割り人形を抱いて、そういったときです。
 突然そこへ、何十匹ものネズミの大軍が押し寄せてきたのです。
 すると、どうでしょう。
 今までジッとしていた人形たちが動きだして、ネズミの大軍と戦争を始めたではありませんか。
 もちろん、マリーに抱かれていたクルミ割り人形も立ちあがって、いさましく戦いました。
 ところが、ネズミはおおぜいです。
 人形たちは、負けそうになりました。
 そこで思わずマリーは、自分のクツをネズミの大軍に投げつけたのです。
 ネズミたちはビックリして、逃げていきました。
 つぎの晩、またネズミの大軍がマリーのへやにやってきました。
「おい、ちびすけ。おれたちにお菓子をよこせ。よこさないと、クルミ割り人形を殺してしまうぞ」
 ネズミたちはこういって、マリーをおどかしました。
 マリーはクルミ割り人形をしっかり抱いて、首をふりました。
 ところが、つぎの晩も、そのつぎの晩も、ネズミたちはやってくるのです。
「ぼくに、刀をかしてください。そうしたら、ネズミたちをやっつけてやります」
 ある晩、クルミ割り人形がいいました。
 そこでマリーが、おもちゃの刀を持たせてやると、クルミ割り人形はネズミの王さまと戦って、とうとう王さまを倒してしまいました。
「刀を貸してくれてありがとう。お礼に、あなたを人形の国に連れていってあげましょう」
 クルミ割り人形は、マリーを楽しい人形の国へ連れて行ってくれたのです。
 朝になって、マリーは家の人にその話をしました。
「マリー、それは、あなたが夢を見ていたのよ」
 お母さんが、いいました。
「そうだよ。だいたい、そんなばかなことがあるはずないじゃないか」
 お父さんも、いいました。
(そうね。夢だったのかも)
 ところが、それから何年かたった、ある日のことです。
 マリーの家に、りっぱな若者がたずねてきました。
 玄関に出たマリーを見ると、若者はやさしい目でほほえみます。
 はじめて見る顔ですが、マリーは、若者とどこかであったような気がしました。
「・・・あなたは、だあれ?」
「わたしは、あなたのおかげで人間にもどることができた、クルミ割り人形です。子どものころネズミののろいをうけて、人形にされてしまいました。でも、あなたがかしてくれた刀でネズミの王さまをたおし、やっと人間になれたのです」
 それを聞いて、マリーは、すっかりうれしくなりました。
「どうか、わたしのお嫁さんになってください」
「はい」
 マリーは若者のお嫁さんになって、銀のウマが引く金の馬車に乗って、若者といっしょに出かけていきました。
 これはマリーの夢なのか、それとも本当のことなのか、マリーにもわかりません。
 本当なら、すてきですね。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/07/30 Tue. 09:24 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form