07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

一寸法師 

一寸法師


 むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 二人には子どもがいなかったので、おじいさんとおばあさんは神さまにお願いしました。
「神さま、親指くらいの小さい小さい子どもでもけっこうです。どうぞ、わたしたちに子どもをさずけてください」
 すると本当に、小さな小さな子どもが生まれたのです。
 ちょうど、おじいさんの親指くらいの男の子です。
 二人はさっそく、一寸法師(いっすんぼうし)という名前をつけてやりました。

 ある日の事、一寸法師はおじいさんとおばあさんに、こんな事を言いました。
「わたしも都へ行って、働きたいと思います。どうぞ、旅の支度をしてください」
 そこでおじいさんは一本の針で、一寸法師にちょうどピッタリの大きさの刀をつくってやりました。
 おばあさんはおわんを川に浮かベて、一寸法師の乗る舟をつくってやりました。
「ほら、この針の刀をお持ち」
「ほら、このおはしで舟をこいでおいで」
「はい。では、行ってまいります」
 一寸法師は上手におわんの舟をこぐと、都へと出かけました。
 そして都に着くと、一寸法師は都で一番立派な家をたずねていきました。
「たのもう、たのもう」
「はーい。・・・あれ?」
 出て来た手伝いの人は、首をかしげました。
「おや、誰もいないねえ」
「ここだよ、ここ」
 手伝いの人は玄関のげたの下に立っている、小さな一寸法師をやっと見つけました。
「あれまあ、何て小さい子だろう」
 そして一寸法師は、その家のお姫さまのお守り役になったのです。

 ある日の事、一寸法師はお姫さまのお供をして、お寺にお参りに行きました。
 するとその帰り道、突然、二匹の鬼が現れたのです。
「おおっ、これはきれいな女だ。もらっていくとしよう」
 鬼はお姫さまを見ると、さらおうとしました。
「待て!」
 一寸法師はおじいさんにもらった針の刀を抜くと、鬼に飛びかかりました。
 ところが、
「何だ、虫みたいなやつだな。お前なんぞ、こうしてくれるわ」
 鬼は一寸法師をヒョイとつまみあげると、パクリと丸のみにしてしまいました。
 鬼のお腹の中は、まっ暗です。
 一寸法師は針の刀を振り回して、お腹の中を刺してまわりました。
 これには、鬼もまいりました。
「いっ、いっ、痛たたた!」
 困った鬼は、あわてて一寸法師を吐き出しました。
「よし、今度はわしが、ひねりつぶしてやるわ!」
 もう一匹の鬼が言いましたが、一寸法師は針の刀をかまえると、今度はその鬼の目の中へ飛び込んだものですから、鬼はビックリです。
「たっ、たっ、助けてくれー!」
 二匹の鬼は、泣きながら逃げ出してしまいました。
「ふん! これにこりて、もう二度と来るな! ・・・おや? これは何でしょう、お姫さま」
 鬼が行ってしまったあとに、不思議な物が落ちていました。
「まあ、これは打ち出の小づちという物ですよ。トントンとふると、何でも好きな物が出てくるのです」
 そこで一寸法師は、お姫さまに頼みました。
「わたしの背がのびるように『背出ろ、背出ろ』と、そう言ってふってください」
 お姫さまは喜んで、打ち出の小づちをふりました。
「背出ろ、背出ろ」

 すると一寸法師の背は、ふればふっただけグングンとのびて、誰にも負けない立派な男の人になりました。
 そして一寸法師はお姫さまと結婚して、仕事もがんばり、大変出世したということです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/07/27 Sat. 10:38 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form