12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

義経の八艘飛び 

義経の八艘飛び


 源平壇之浦の戦いで有名なのが義経の「八艘飛び」。
 この「八艘飛び」というのはどんなものだったのか。

 平家の中で”王城一の強弓・精兵”と評されていた武将、平教経(のりつね)は、約1ヶ月前の屋島の戦い以来、義経を討つことに賭けていました。
 平教経は源氏の船に単身で斬り込み、義経を追い討とうとするのですが、身の軽い義経は、海上を飛び跳ねるように別の船に乗り移り、教経の攻撃をかわし続けたといわれています。
「平家物語」によれば教経との組み打ちを避けようとした義経が二丈(6メートル)も離れた隣の船に飛び移って逃げたとされています。海上で6メートル飛ぶことが可能だったとすれば、もし、義経がオリンピックに出場すれば走り幅跳びで金メダルはまちがいないでしょう。


しものせき観光ホームページより
関連記事

Posted on 2019/12/10 Tue. 10:50 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form