08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

えんこうと杉の木 

えんこうと杉の木


 佐波川上流の柚野、柚木あたりの話である。
 このあたりでは、大きな杉の木が茂っている風景をよく見かける。

 さて、昔、佐波川にも「えんこう」がいて、泳ぎに行くと、足を引っぱるといって、子どもたちはとても恐れていました。

 ある夏の日のことでした。
 朝から雲ひとつない良い天気で、ギラギラと焼けつくような太陽がようしゃなく照っていました。するどい光にあてられて、草もきもすっかり元気をなくしていましたが、山あいのけい流では、子どもたちの楽しそうにはずんだ声が、こだましてははねかえっていました。
 さすがに暑い日も、太陽がかたむくころになると、涼しい風が木々の間を優しくわたってきました。
「ジィージィー」「ミーンミーン」と聞こえていたせみの声が、いつの間にか「カナカナ」という声に変わり、あたりはすっかり静まりかえってきました。

 まもなくひとりの百姓が馬をひいて「淵」へやってきました。汗とほこりにまみれた馬を、冷たい川の水につけ、百姓はやさしく馬の背中を洗ってやりました。馬は気もちよさそうに目を細め、緑の葉が鳴る風の音と、馬を洗う水の音だけが響いていました。

 突然、その静けさを破って、一匹のえんこうが淵の水面に姿を現しました。と見る間に馬のしっぽにつかまり、長くのびる手を馬のおしりから突っ込んで、生き肝をとろうとしたのです。馬は驚いて、前足を高くあげていななくやら、身ぶるいをするやら大あばれをはじめ、えんこうをしっぽにぶらさげたまま、たいへんな勢いで走り出し、お寺の境内にかけこみました。

 さわぎにおどろいてお坊さんが庭に出てみると、あばれまわっている馬のしっぽに、必死にしがみついているえんこうが、「オンオン」泣いているではありませんか。
 ほどなく、馬も疲れたとみえておとなしくなりました。お坊さんはえんこうに向かって重々しくいいました。
「おまえは人間を困らせるような悪いことばかりしている。重いおしおきをしなければ。」
 すると、えんこうは泣きべそをかきながらいやいやをしました。
「今日は許してやろう。そのかわり、川辺りに杉を植えること。その杉がある間は決して悪いことをしてはならない。もしも今度、人間を困らせるようなことをしたら、ただではすまさんぞ。」
 と、おどすようにお坊さんはいいました。
 えんこうは、首を何度も下げて、うれしそうに川へ帰っていきました。

 次の日、朝早くから、えんこうは一生けんめい川辺りに杉を植えました。
 それからというもの、えんこうは人間の前に出ることもなくなり、だんだんと忘れられていきました。しかし、えんこうがお坊さんと約束を守って植えた杉の木は、どんどん大きくなりました。

 そして、大雨で洪水が出たとき、護岸の役目をし、村を救ってくれました。
 お坊さんは、ちゃんと村の将来のことを考えていたのでしょう。


「徳地の昔ばなし」(徳地町教育委員会編集 平成3年発行)より引用
関連記事

Posted on 2019/06/21 Fri. 11:44 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form