11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

うごく城 

うごく城


 むかしむかし、ある大名に、美しい姫がおりました。
 姫も年頃になり、毎晩たずねてくるりっぱな若侍(わかざむらい)に恋するようになりましたが、若侍の家も名前もわかりませんでした。

 ある日、姫がその事をうばに打ち明けると、
「その方の着物のすそに、長い糸を結んだ針をつけてごらんなさい」
と、教えてくれました。

 姫はうばの言うとおりにして、その糸をたどっていくと、中の島の池の中まで続いていました。
 姫は若侍が妖怪(ようかい)だと思って悲しみましたが、その夜、大名(だいみょう)の夢枕(ゆめまくら)にその若侍が現れて、
「わたしは池の主の大ガメです。姫に心をひかれて、毎夜かよっておりましたが、正体を見破られてはどうすることもできません。おわびのしるしに、中の島に城をおきづきください。きっと、難攻不落(なんこうふらく)の城となりましょう」

 大名が言われたとおりに城をつくると、敵が攻めてきても島ごと動いてしまうので、敵はどうすることもできませんでした。
 それもそのはずで、その城をささえていたのは、あの大ガメだったからです。

 しかしある年、城の中に井戸を作ることになりました。
 水が出てくるあたりまで掘り下げると、井戸からは水のかわりにおびただしい血が七日七晩ふきだし、とうとう城は動かなくなってしまったという事です。


山口県の民話 福娘童話集より
http://hukumusume.com/douwa/index.html
関連記事

Posted on 2019/06/09 Sun. 10:32 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form