09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

きぬかけ岩 

きぬかけ岩


 むかし、河野権之進という人が、田ノ首という村からの帰り道、小さな山すそにさしかかると、そこに今まで見たこともない流れがありました。
 不思議に思って流れにさかのぼって行くと林の中に湧き水があり、妙齢の姫が衣を濯いでいました。それはそれは美しい姫で、権之進は思わず声をかけました。
『あなたさまは、どこからおいでなされたのかな』
 すると姫は眼をうるませて答えました。
『私は、伊予の国に住んでいましたが、さる戦いで敗れ、夫と生き別れになりました。そこで、こうして諸国を尋ね歩いていますが、かいもく消息を掴めません。もし、何かお心当たりでもございましたらお教えください』
 権之進は哀れに思って姫を自分の家に連れて帰り、その夜はゆっくり休ませました。
 ところが翌朝、眼をさましてみると、姫の姿が見当たりません。驚いた権之進は八方手分けして捜しましたが、とうとう行く方をつかむことが出来ませんでした。

 そのうち権之進は、忘れるともなく忘れてしまっていましたが、数十日たったある日、姫の衣が小戸の大岩にかけられてあるのを、浦びとが見つけて大騒ぎになりました。
 そこで初めて権之進は、姫が急潮に身を投げたことを知り、その岩に地蔵尊を建てて冥福を祈りました。

 いつの頃からか、浦びとたちは、姫が衣を濯いでいた流れを『姫ノ水』、衣がかけられてあった大岩を『きぬかけ岩』と呼ぶようになりました。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

(注)
亀山叢書『下関の伝説』や『馬関太平記』には、河野権之進のことを『河野通久の四代目権之進』と書かれている。
しかし権之進は、三代目河野通里の弟で、元仁元年(1224年)一月二十二日、園田一学の子息、学之助の長女と結婚し、西山に分家しており、四代目通久の伯父にあたる人物である。
ところで、言外に保元の乱を匂わせるこの話が、それから七、八十年を経た後もなお、妙齢の姫として登場させるおかしさがたまらない。

ここで注意しておきたいことは、一般には、身投げ石、身投げ岩、きぬかけ石、きぬかけ岩が、すべて一つの岩であると伝えられていることである。
しかし、多くの古老たちは、それは誤りだとくやしがる。
本当は小戸の大岩は六つに分かれていて、東から順次、本書に書いた順にその名が付されてあり、五番目が菩薩岩、六番目が地蔵岩だというのである。
ただ、これらの岩を総称した場合『身投げ岩』あるいは『きぬかけ岩』と呼んでいたに過ぎない。


関連記事

Posted on 2017/06/03 Sat. 09:59 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form