09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

黒木大尉の遺書ノート 

回天記念館展示資料紹介

黒木大尉の遺書ノート

大津島での「回天」の搭乗訓練が始まった2日目の昭和19年9月6日。
明け方、穏やかだった海面に風が出てきましたが、午前10時、仁科中尉が指導し上別府大尉が操縦する三号艇は訓練に出発しました。徳山湾口付近では三角波が立ち、潜水時は飛沫を上げるほどでしたが無事に訓練は終了しました。
午後4時に予定されていた樋口大尉が操縦し、黒木大尉が指導する一号艇での訓練は、同艇を前日使用したため夜を徹しての整備作業が予定時間になっても続いていました。
午後になると風はますます強くなり、うねりも出てきたため、大津島基地の司令官である板倉少佐は危険であると判断し訓練の中止を指示。
これに対し、黒木大尉は司令官に訓練の実施を懇願しましたが、仁科中尉からも「止めた方がよい」との発言があったことに対して、「天候が悪いからといって、敵は待ってくれないぞ」と怒鳴りました。参考文献はこちら※4
司令官は黒木大尉の気迫に押し切られ、波の影響を受けにくい徳山湾内での訓練ならと許可を出し、午後5時40分、逆風をついて「回天」は発進していきましたが、イルカのような背がきらりと光って沈む運動を起こした瞬間、水面下に潜り込んでしまいました。
板倉少佐や仁科中尉は追しょう艇などで一号艇を追っていましたが、向い波を受けて速力が落ちるなどして一号艇を見失いました。
その一号艇は浮上の予定時間になっても現れなかったため、徹夜での捜索活動が続けられましたが結局見つからず、翌朝午前9時過ぎに海面にわずかに気泡が発生しているのを発見することで一号艇の場所が確認されました 。
一号艇は、天候の影響で18mの海底に着底するという事故を起こし、艇の酸素が欠乏したことにより、二人は初めての殉職者となりました。
黒木大尉は息絶えるまでの間、ノートや艇の壁面に2,000字に及ぶ事故の詳細や改善点などを記載していました。
そのうち、手帳は記念館内の展示ケース内で公開しており、研修室入口の壁のパネルにもその内容が紹介されています。

黒木大尉が一号艇の中で息絶えるまで事故などのことを書き綴った手帳(レプリカ)が展示してあります。

黒木大尉と樋口大尉の遺書をパネルにしたものは研修室の入口壁面に設置しています。

WEBサイト 回天記念館より
関連記事

Posted on 2018/02/14 Wed. 11:31 [edit]

category: 回天

TB: --    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form