01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

回天記念館設立経緯 

回天記念館設立経緯

昭和37年7月、東京都において回天関係者が会合した席で回天顕彰会が発足し、搭乗員の遺品の収集と展示・維持するための記念館を建設することになり、40年10月から建設資金を集める活動が開始されました。
43年1月には、よりスムーズに活動を行うために周南市内に本拠地を置く回天記念館建設賛助会を設置。
同年11月20日には、寄せられた1,962万円を基に記念館が完成しました。
その後、展示スペースの拡張、石碑等の整備を行うために再度、回天顕彰会の有志により募金活動が行われた結果、4,733万円が集まり、これらを基に平成10年11月8日、現在の記念館にリニューアルされました。

昭和43年に完成し、平成10年にリニューアルされた回天記念館。正面入口までのエントランスには、回天烈士の名を刻んだ石碑が並びます。

展示内容

「回天」に関わる遺品・資料の展示に併せて、「回天」の歴史や時代背景、当時の生活などをパネル展示で紹介しています。
この他、研修室、視聴覚コーナーなどを備え、「回天」の心を通じ平和について学習する施設となっています。
なお、収蔵品は遺書、手紙、軍服、遺影や遺品など約1,000点を数えます。

「回天」の搭乗員と整備員たちの遺影や映画で使われたセットも展示されています。

基地を再現したジオラマなどもあり、当時の島の様子を容易に理解できます。

視聴覚コーナーでは、元搭乗員たちが「回天」のことを語る「時代の証人」をご覧いただけます。

WEBサイト 回天記念館より
関連記事

Posted on 2018/02/12 Mon. 11:48 [edit]

category: 回天

TB: --    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form