08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 な…の部 

下関の方言 な…の部

なまかじり
 半途知り。

なましび
 半乾き。

なみかぜ
 家庭の風波。家庭の争議。

なみだきん
 慰謝料。
 わずかなお金。

なや
 …するなよ。

なやみ
 手にかける。扱う。

なやむ
 取り扱う。受け持つ。

なり
 風采。格好。

なりき
 果実の稔る樹木。

なるてん
 南天。

なんぎ
 悲しい。苦しい。つらい。

なんしょう
 餅を搗く杵。

なんせ
 何しろ。

なんせえ
 …しなさいませ。

なんちゅう
 なんという。

なんなー
 何ですか。
 なにをっ。

なんなら
 それなら。なぜなら。

なんぼ
 いくら。いくつ。

なんぼなんでも
 幾ら何でも。

なんや
 何ですか。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2017/07/03 Mon. 12:18 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form