08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 と…の部 

下関の方言 と…の部

どひょうし
 たいそう。非常に。よほど。

どひょうしもない
 どひょうしを強調したもの。

どひょうしもん
 けったいな人。屁理屈をこねる人。

とぶ
 届く。到達。たう。

どぶ
 溝。
 泥。
 濁り酒。

とへ
 盗餅。一月十四日に藁で作った馬を他人の庭先において餅などを貰う伝統行事。

どべ
 泥。ぬかるみ。
 末席。
 最下位。ビリ。

どべた
 地面。

とほうとてつ
 途方もない。とてつもない。

とぼかしい
 乏しい。貧しい。
 目が霞んでよく見えない。
 足元がおぼつかない。
 ろうそくや焚き木が消えかかっているさま。

とぼりとぼり
 よたよた歩いているさま。
 目をしょぼつかせているさま。
 ぼつぼつ。ゆっくりと。

どまぐれる
 放蕩する。遊び人。
 挫折。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2017/06/26 Mon. 10:10 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form