03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

海のいのち・海といのち3 

海のいのち・海といのち3

その後も整備充実は続けられたが施設の老朽化も進み、各地に規模の大きい斬新な水族館が誕生するなかで、結局水族館の建て替えが進められ「海響館」の誕生となった。
そしてクジラ館のみが長府の山に残されたのである。

「海響館」は、鉄骨鉄筋コンクリート4階建、延べ床面積12,300平方メートル、水槽数65槽、展示水族は400種15,000点。
なかでも注目されるのは、ノルウェー・トロムソ大学の好意により展示が実現した、世界的にも希少で日本では唯一のシロナガスクジラの骨格標本、世界から50種を集めたフクの水槽、そして水槽の両端に高さ2m以上の渦を再現する関門海峡潮流水槽、二枚貝カキそのほか山口県ならではの本物の化石と擬岩とを組み合わせた岩組の展示などである。
1日4回開催されるアクアシアターでのイルカのジャンプや芸は人気の的であるが、このイルカたちが夏の期間の閉館後、自閉症の子供たちの相手を務め、アニマルセラピーにひと役かっていることはあまり知られていない。

(清永唯夫)

図説「下関の歴史」より
関連記事

Posted on 2018/12/05 Wed. 10:32 [edit]

category: 下関の歴史論文

TB: --    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form