08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

旧要塞地の一般開放1 

旧要塞地の一般開放1

昭和20年の終戦とともに、長い間、近づくことのできなかった旧要塞地が開放された。
眺望の権利も失っていた市民は、景観の素晴らしさを再認識できるようになった。

火の山、彦島老の山、戦場ヶ原、椋野一里山、霊鷲山、金毘羅山などが、秘密のベールを脱ぎ、それぞれ特徴のある公園整備が進められていった。
なかでも代表的な公園が火の山公園である。

関門海峡の最狭部を挟んで、北九州門司区の古城山に相対し、市内みもすそ川町から椋野町一帯にそびえる標高268.2mの火の山は、中世に、戦略の要地として厚東氏、大内氏、毛利氏の諸将が城を築き、覇権を競い合った。
また古代より都との連絡のための「のろし場」が置かれ、いわばのろし山としても知られていた。

(野村忠司)

図説「下関の歴史」より
関連記事

Posted on 2018/11/23 Fri. 09:03 [edit]

category: 下関の歴史論文

TB: --    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form