12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

明神さん 

明神さん


 西山波高バス停の海寄りに『明神さん』と呼ばれる小さな祠が建っている。背後に大きな石を置き、何本かの老松が海風にゆれているが、明神さんのいわれについてはあまり知られていないようだ。


 むかし、伊予の商人が、風待ちで入港した南風泊の宿で、明神さんを信仰すればどんな願いごとでも叶う、という噂を聞いて、むしょうに欲しくなり、ある夜そっと明神さんを盗み出して小舟で海峡を渡り、門司の鼻にかくして、何食わぬ顔で宿に戻った。
翌朝、ようやく波風も静まったので、船は南風泊を出帆したが、門司の沖にさしかかった時、商人はふと思い出したように、
『そうじゃ。門司に嫁いじょるワシの妹は永いこと患ろうちょるらしい。一晩見舞うてからすぐあとを追うけえここで下船させてくれや』
 と言って船を下りた。そして門司に渡り、前夜ひそかに隠しておいた明神を取り出そうとしたところ、急に頭が割れるように痛くなり、おまけに、腹痛まで起こす始末。
『これは、おかしい』と、その夜は門司の宿に泊り、翌日、回復したので再び取りに行くと、また腹痛、頭痛が同時に襲ってきた。
 商人は驚いて『これは明神さんのたたりじゃろうかい』と大慌てで、御神体を海に放り投げ、痛む腹と頭をかかえながら小舟で周防灘へ漕ぎ出した。だが、何町も進まないうちに発狂して、近くの岩礁にぶつかって死んでしまった。

 だから、門司の鼻のことを、今でも明神の鼻と呼び、その沖には明神の瀬もあるという。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

(注)
『明神』さんの祭礼は古くは十月二十四、五日の二日間であったが、現在は十月十五日に変わっている。
彦島八幡宮の祭礼が、甘酒を供えて『濁酒(どぶ)まつり』と呼ぶのに対して、『明神さん』は、『あめ湯』を作って供え、部落中にふるまうことから『あめ湯まつり』と呼ばれているようだ。
関連記事

Posted on 2020/01/16 Thu. 11:31 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form