03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

金子みすゞとは 

金子みすゞとは

金子みすゞ(本名テル)は、明治36年(1903)、山口県大津郡仙崎村(今の長門市仙崎)に生まれ、大正12年(1923)、20歳の時に母の再婚先である下関の上山文英堂本店に移り住み、詩を書き時始めました。わずか5年間に、万物へのやさしさを込めた512編の作品をつづり、若き童謡詩人の巨星として注目されながらも、26歳で亡くなりました。「すずと、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい。」「こだまでしょうか、 いいえ、だれでも。」という有名なフレーズに代表されるみすゞの清廉な詩は、世代を超えて、現代の人々の心に響き、感動を与えています。

金子みすゞの光と影

大正時代末期は、「赤い鳥」、「金の船」、「童話」などの童話童謡雑誌が隆盛を極めていた時代でもありました。
そのなかで彗星のごとく現れ、ひときわ光を放っていたのが童謡詩人・金子みすゞです。少女時代のみすゞは、成績優秀、おとなしく、読書が好きでだれにでも優しい人であったといいます。そんな彼女が童謡を書き始めたのは、20歳の頃からでした。4つの雑誌に作品を投稿し、そのすべてが掲載されるという鮮烈なデビューを飾り、「童話」の選者であった西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されるなど、めざましい活躍をみせていきました。しかし、文壇での輝きと相反するように、その生涯は明るいものではありませんでした。23歳で結婚したものの、文学に理解のない夫から詩作を禁じられてしまい、さらには病気、離婚と苦しみが続きました。そしてついには、26歳という若さでこの世を去ってしまいます。その中で彼女の残した作品は散逸し、いつしか幻の童謡詩人と語り継がれるばかりとなってしまうのです。
それから50余年。長い年月埋もれていたみすゞの作品は、児童文学者の矢崎節夫氏の執念ともいえる熱意により再び世に送り出され、今では小学校「国語」全社の教科書に掲載されるようになりました。天才童謡詩人、金子みすゞ。自然の風景をやさしく見つめ、優しさにつらぬかれた彼女の作品の数々は、21世紀を生きる私たちに大切なメッセージを伝え続けています。


下関たのしい旅のコンシェルジュ「楽しも」より
関連記事

Posted on 2019/11/10 Sun. 09:22 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form