10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

農業者の団体組織と生産進歩の過程6 

農業者の団体組織と生産進歩の過程6


彦島が工業地帯となり、人家が増加するため田畑が減少するのは、農民にとっては非常に寂しい感じはいたしますが、地元の発展のためやむを得ないので、集約農業に切り替えつつ農業生産をやっているのであります。
無論地理的にも都会地の付近でありますので、現在の年間生産量は野菜で百万貫を上回り、花卉は年間を通して市場に出荷できるようになっており意を強くしております。

農業者の団体組織としましては、明治・大正・昭和と三代にわたり農民の拠り所となっておった農業会を忘れてはなりません。
この農業会は行政機関が、村役場あるいは町役場の中に事務所を置いて農業技術員をして指導させたのであります。
この指導員の指導を受けて彦島の農業も発展してきたのであります。

昭和8年3月、下関市と彦島町が合併することになりましたが、下関にはこの農業会がなかったのであります。
したがって彦島の農業会そのものが下関の農業会になったので、彦島の方からその時の会長・副会長が出ておったのであります。
そのうち下関市も次々に近接の町村を合併したため。農業会の規模が大きくなってきました。
ところが彦島はご承知の通り工業化が進み、農業の割合が少なくなってきましたまで、ついに彦島の農業会は幡生と一緒になったのであります。
そして、戦争中は幡生農業会の支所となって僅かに生きておったのであります。
その時の役員も彦島から理事が一人か二人しか出ない惨めな有様でありました。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/03/01 Fri. 11:15 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form