10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

農業者の団体組織と生産進歩の過程2 

農業者の団体組織と生産進歩の過程2


日露戦争後に北九州で工業が非常に発達し、人口の増加に伴いまして野菜が売れるようになったので、芋・麦の耕作を減じて野菜作りが盛んになったのであります。
迫・西山地区は砂地で野菜作りに非常に適していたので一面に野菜畑が広がり、その販路は下関はもとより北九州の各市まで及んだのであります。
これに刺激されて他の地区でも一斉に野菜作りに転換をはじめたのであります。

ところが第一次世界大戦後の全国的な好況の波に乗って、彦島に工場の進出が相次ぎ、西山にも日本金属が亜鉛の精錬所を建設することになって、あの広い野菜畑が工場となってしまったのであります。
西山だけでなく彦島各所に工場が次々にできるので、田畑はつぶされて、せっかく野菜に活路を見いだし、販路を拡大していたのが、この時期に頓挫してしまいました。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/02/24 Sun. 12:44 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form