01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

神社の史実とその祭事8 

神社の史実とその祭事8


ところで神事はまず今は陸続きとなっている舞子島の光格殿に神輿が練りこみ、そこでシュウカキという一種の禊が行われ、神輿が帰ってくると社殿前の広場に据えられます。
その神輿の前に三角形に砂が盛られ、まず裃姿「トビンコ」という子供が榊を押し戴きながら、三角形に三度ちょうど魚が飛ぶような形で盛り砂の回りを飛びます。
するとその後、舞い役という鎧兜に身を固めた男が、槍を構えて砂の真ん中に立っている榊を盛んに突き刺しながら舞い、やがて止め役の声に「さあ上がった」と呼ばわります。

これで「サイ上がり」の神事は終わったのですが、参加者のなかで古老らしい一人にマイクを向けて尋ねてみます。

昔と今を比べて、どういう点で変わっていますか。

そうですね、戦争に負けて八幡様と住民の関係は古くからのつながりが薄くなり、形だけのものとなった感じがしましたが、もう日本も独立して10年にもなりますので、若い者も神社仏閣の行事に積極的に協力する人が多くなりました。
参詣する人も年々増えてきました。
私どもは喜ぶべきだと思っております。
これからも日本独自の伝統は大いにやるべきだと思っています。

と、なかなかの気炎です。
ところでこの神事に参加するのは、河野一族をはじめとする十二人、すなわち彦島を開拓した十二苗の子孫だそうです。

RKB毎日放送の録音の中で「古老」として紹介され、お話されたのは西山の植田英雄さんです。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/02/14 Thu. 12:53 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form