07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

神社の史実とその祭事4 

神社の史実とその祭事4

「六夕の七夕」とはどんなことですか、それをお話ください。

「六夕の七夕」なんて妙な言い方ですが、昔も今もご承知の通り毎年7月7日の夕暮れをタナバタとしていますが、この彦島では「小戸の夜打ち」と「小戸の夜焚き」か7月6日の行事となりましたので、七日のタナバタを六日と一日繰り上げて行ったのであります。
この習慣は彦島全部ではありません。
田の首地区は当時の長府藩ではなく小笠原藩でしたからタナバタは六夕ではなく七夕です。

本因坊道策名人以外の有名な棋士もその後来ましたか。

来ました。
元禄六年から十五年までの十年間は、各藩主が送ったお抱え棋士で「夜打ち」が行われましたが、十六年には四世井上道節ほか高名な棋士、それに各藩が送ったお抱えの棋士が加わって、この神事も勢いを盛り返したようです。
享保二年には五世本因坊道知ほか、同六年には六世本因坊ほか、元文四年には七世本因坊ほか高名な棋士が来ております。
本因坊は藩の切なる要望によったものと思われますが、代を継ぐ度に必ず来ております。
申し添えますが七世本因坊は26歳で没し、赤間関の極楽寺に埋葬されたとなっております。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/02/09 Sat. 12:42 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form