12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

神社の史実とその祭事3 

神社の史実とその祭事3


神事の始め棋士は宮の原の彦島八幡宮の前に並び、宮司の祝詞があって、玉串奉賛、式辞、終わって先導役の案内で老の山の草原に至り、型通りの囲碁に関する注意や挨拶がありまして、試合開始の合図で囲碁が始まります。
盛夏7月6日の事ですから、涼味たっぷりといった良い場所です。

「小戸の夜炊き」という漁法が漁港ができる前までありましたが、「小戸の夜打ち」との関係はありましたか。

起源はいつの時代かわかりませんが、「小戸の夜打ち」との関係はありました。
これも下関の季節の名所の一つでした。
毛利公が各藩の棋士の長い旅路の疲れを慰安するため、神職に命じ水夫に金を渡して魚をとらせました。
その漁法がおもしろいもので、小瀬戸の中流に舟を浮かべ松明を焚き、寄ってくる魚を手頃な網で、手品のように素早く掬い上げるのです。
数多くの舟が松明を炎々と焚いて急流のなかを離合集散する様は壮観で、草原から眺める棋士を感動させたことと思います。
獲れました魚は棋士の食膳に供したのですから、夜打ちの疲労も忘れ、翌年もまた「小戸の夜打ち」を楽しみにして集まる人も年毎に増加するようになったそうです。
このことは「六夕の七夕雑話」から抜粋してのお話です。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2019/02/08 Fri. 12:47 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form