04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島とその開拓の歴史4 

彦島とその開拓の歴史4


浦は海士郷、江の浦、福浦、鯉の浦、宮の浦、伊佐の浦、桃の浦の七つでありまして、鯉の浦は西山の伊無田の浜、伊佐の浦は西山の伊佐武田の浜、それから桃の浦は福浦の裏側荒田寄りにあたります。

宮島は弥山という高い山があって、鬱蒼と樹木に覆われていますが、彦島は山が低くて最高峰のチョウノ山というのも、わずか113メートルに過ぎません。
そして各所に平地があって耕作に適し、また福浦開作を初め海岸に埋立地が取り巻いていまして、地元の産業にまことに好都合の土地があります。

このように相当の土地と開運の利便性という好条件を備えていまして、一衣帯水の下関、門司、小倉、やや離れて若松、戸畑、八幡の大都市を控えておるので、否が応でも膨張発展せざるをえない運命にあるのであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より
関連記事

Posted on 2018/10/31 Wed. 11:00 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form