09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の民俗 天候予知法2 

天候予知法2


朝焼けは風が吹く。

西の雲は雨が近い。

秋の夕焼けは鎌を砥げ。

夏の夕焼け、桶をすけ。

朝とびが鳴くと隣歩きをするな。

三日月様が鎌ぁかけると天気。

吉見の鬼ヶ城に雲がかかれば西風が吹く。

大里の山に雲がかかれば東風が吹く。

北側の水平線から蓋井島に雲がかかると北風が吹く。

陸が近くに見えることを「島寄せ」というが、この時は時化になる。

雲が厚いと風が強い。


「下関の民俗知識」中西輝麿著より
関連記事

Posted on 2019/09/13 Fri. 10:04 [edit]

category: 下関の民俗

TB: --    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form