06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ムカデの医者むかえ 

ムカデの医者むかえ


 むかしむかし、虫たちが一軒の家で、仲良くいっしょにくらしていました。

 ある日の事、カブトムシが急に苦しみ出しました。
「うーん、いたい、いたいよう」
「カブトムシくん、どうしたんだ! どこがいたいんだい?!」
 虫たちは心配そうに、カブトムシの周りに集まりました。
「とにかく、はやく医者を呼んで来ないと」
「でも、だれが一番、足が速いんだろう」
 すると、年寄りのカナブンが言いました。
「そりゃあ、ムカデだろう。なにしろ足が、百本もあるんだから」
「よし分かった。ぼくにまかせろ!」
 ムカデはすぐに、げんかんに向かいました。

 それからしばらくしましたが、ムカデはなかなか帰ってきません。
「おそいなあ、どうしたんだろう」
「足が多いから、足がはやいはずなのに」
「だれか、ようすを見て来いよ」
 そこでバッタとカミキリムシが、ようすを見に行くことになりました。
 二匹がげんかんに行くと、ちょうどムカデがわらじをはいているところでした。
「ムカデくん、やっと帰ってきたんだね。それで、医者は?」
 するとムカデは、首を横に振りながら言いました。
「ちがうよ、ぼくの足は百本あるから、わらじをはくのに時間がかかるんだ。まだ半分しか、はいていないんだ」

おしまい
関連記事

Posted on 2014/10/03 Fri. 08:58 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form