09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

平家滅亡と長門国嚴島神社 

平家滅亡と長門国嚴島神社


平安時代末期、平家の政権が傾くに従い、以仁王の平家追討の令旨に応じた諸国の源氏に平氏は都を追われ、一ノ谷、屋島と合戦を重ね西国に下って行きました。
そして最後の雌雄を決したのが壇ノ浦の合戦であります。

この合戦に敗れた平家は散り散りになり、「嚴島神社記録帳」によると、安芸国厳島神社の御分霊を平家の守護神として、安徳天皇の御座船におまつりされていたが、壇ノ浦の合戦後磯辺に放棄されていたのを里人に神託があって、「吾は嚴島姫の神也、早く祭るべし、かしこの磐之上にあり」と、ふしぎに思いながらそこに行って見ると、磯辺に御鏡太刀様の物をみつけ、文治元年(西暦1185年)里人たちが社殿を建立し、更に安芸国厳島神社より御分霊をあらためて勧請しました。

長門国嚴島神社は、歴史の大きな転換点に創建され、安芸国厳島神社の御分霊を平家の守護神として、安徳天皇の御座船におまつりし、平家終焉の地に鎮座ましました。
このことは、長門国嚴島神社は、平家の滅亡という事実を物語る重要な神社といえます。

また、壇ノ浦の合戦の後、各地に落ち延びた平家の武者たちは、隠れ住みながらも、嚴島三神を祀りました。

そして、勝者である源氏においても、嚴島三神の神威を尊び、斎き祀ることを咎めることなく丁重な対応をとりました。


長門国嚴島神社ホームページより
関連記事

Posted on 2019/09/15 Sun. 15:10 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form