11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

金のカラス 

金のカラス
マャンマーの昔話


 むかしむかし、ある村に、夫に死なれた貧乏な女の人がいました。
 女の人には、きれいでやさしい一人娘がいます。

 ある日の事、女の人が娘に言いました。
「お米の入った箱を日なたに干しているから、取られないように見張り番をしておくれ」
「はい。わかりました」
 娘が米の箱の側に座って番をしていると、どこからか金色のカラスが飛んできました。
「あっ、だめよ。あっちに行って!」
 娘はカラスを追い払おうとしますが、カラスは平気で箱に入った米を全部食べてしまったのです。
「ああ、どうしましょう」
 娘が泣き出すと、金色のカラスが言いました。
「娘さん、心配しないで。代わりの物をあげるから。夕方、村はずれの大きな木のところへおいで」

 夕方、娘が大きな木の下へ行くと、木のてっぺんにある小さな金色の家から、金色のカラスが顔を出して言いました。
「いま、はしごを下ろしてあげるけど、金と銀とブリキのうち、どのはしごがいい?」
「わたしは、ブリキのはしごでいいわ」
 娘が答えると、カラスは金のはしごを下ろしてくれました。
 娘がはしごを登って小さな金色の家に行ってみると、カラスは夕ご飯の支度をしながら言いました。
「お皿は、金のお皿か、銀のお皿か、ブリキのお皿か、どれがいい?」
「ブリキのお皿でいいわ」
 娘が答えると、カラスは金のお皿に、おいしいごちそうを山の様に出してくれました。
 娘が食べ終わると、カラスは三つの箱を持って来て言いました。
「お土産をあげよう。大きい箱と、中くらいの箱と、小さい箱、どの箱がいい?」
「小さい箱でいいわ」
 娘は小さな箱をもらうと、カラスにお礼を言って家に帰りました。
 そして娘がお母さんと一緒に小さな箱を開けてみると、中から光り輝くルビーがたくさん出てきました。
 おかげでお母さんと娘は、お金持ちになって幸せになりました。

 さて、この二人の近所に、とても欲張りな母親と娘が住んでいました。
 欲張りな二人は金色のカラスの話を聞くと、自分たちも同じようにルビーがもらいたくてたまりません。
 そこで欲張りな二人は、さっそく日なたに米の箱を出しました。
 すると金色のカラスがやって来て、箱の米を食べ始めました。
 それを見つけた欲張り娘が、大声で叫びました。
「こら! よくもお米を食べたね。代わりに宝物を寄こさないと、ひどい目に会わせるよ!」
 こうして金色のカラスに無理矢理約束させた娘が、夕方に木の下に行ってみると、
「はしごを下ろすけれど、金と銀とブリキのうち、どのはしごがいい?」
と、金色のカラスが聞きました。
 すると欲張りな娘が、
「もちろん、金のはしごだよ」
と、答えると、カラスはわざとブリキのはしごを下ろしました。
 次にカラスは娘に、金と銀とブリキのうち、どのお皿がいいかと尋ねました。
「もちろん、金の皿だよ」
 娘が言うと、カラスはわざと、ブリキのお皿で少しのごちそうを食べさせました。
 娘が怒って、カラスに怒鳴りました。
「お前は、なんてけちなカラスだろう。もういいわ、早くお土産を持ってきなさい!」
 するとカラスは、大きい箱と、中くらいの箱と、小さな箱を持ってきました。
「大きい箱と、・・・」
 カラスが説明しようとすると、娘は大きい箱をつかんで、
「大きい箱に、決まっているでしょう!」
と、カラスに礼も言わずに、大きい箱を持って家に帰りました。
 欲張りな娘が家に帰ると、すぐに欲張りな母親が飛んできて言いました。
「よくやったね。しかも隣の家よりも、大きい箱じゃないの」
「当然でしょう。さあ、二人で箱を開けましょう」
  欲張りな娘と母親が、わくわくしながら大きな箱のふたを開けてみると。
「ぎゃあーーーー!」
 二人は叫んで、ブルブルと震え上がりました。
 何と大きな箱の中からは、毒ヘビや毒クモや毒トカゲなどが、次から次へとはい出てきたのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/08/04 Mon. 09:13 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form