06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

鬼が笑う 

鬼が笑う
新潟県の民話


 むかしむかし、ある村に、とても立派な屋敷(やしき)に住んでいるお金持ちがいました。
 そしてその家の可愛い一人娘が、遠くの町へ嫁入りをする事になりました。

 嫁入りの朝、お迎えのカゴが来て花嫁は乗り込みました。
 そして母親や親戚(しんせき)の人たちが大勢カゴについて、峠を越えて行きました。
 ところが急に空が暗くなってきたかと思うと黒雲がおりて来て、花嫁の乗ったカゴをつつんでしまったのです。
 そして黒雲はそのまま花嫁をさらって、飛んで行ってしまいました。
 母親は大事な娘をさらわれてしまったので、どんな事をしても娘を探して助け出そうと思いました。
 そこで黒雲の飛んで行った後を追って、山でも野原でも林の中でも探して歩きました。

 ある日の事、母親は大きな川の近くの野原で小さなお堂を見つけました。
 そろそろ日がくれてくる頃だったので、母親はそこへ行って言いました。
「もしもし。すみませんが、今夜ここに泊めてもらえませんか?」
 すると中から、若い尼(あま)さんが出て来て、
「ふとんも食べる物もありませんが、こんな所でよかったら、どうぞお泊まりください」
と、言ってくれたのです。
 母親はせまいお堂の中に入ると、疲れていたのですぐに横になりました。
 尼さんは自分の着ていた衣を一枚脱いで、母親にかけてあげました。
 そして、
「お前さんの探している娘さんは、川向こうにある鬼の屋敷にさらわれています。
 屋敷へ行くには橋を渡りますが、橋では鬼に飼われている犬が番をしています。
 でも犬は昼のうちは居眠りをしているから、そのすきをねらえば渡ることが出来るでしょう。
 けれどその橋はそろばん橋といい、玉がたくさんついていますから、その玉を踏まないようにして渡って行きなさい。
 もし玉を踏むと犬が目を覚ましますから、よく気をつけなければなりませんよ」
と、教えてくれたのです。
 母親はどうして尼さんが娘の事を知っているのか不思議に思いましたが、ひどく疲れていたため、そのまま間グッスリとねむってしまいました。

 夜が明けて母親が目を覚ました所は、驚いた事にあたり一面にヨシのしげった野原で、お堂もなければ尼さんの姿も見当たりません。
 ふと見ると、そばには雨風にさらされた石塔が一つありました。
「不思議な事もあるものね。泊めてくださったり、娘の事を教えてくださったり。何さまかは知りませんが、どうもありがとうごさいました」
 母親は石塔に向かってお礼を言ってから、尼さんに教えられたとおりに川へ行ってみました。
 すると橋の近くで犬が居眠りをしていたので、そろばん橋の玉を踏まないようにそろそろと気をつけて渡りました。
 無事に橋を渡りきってしばらく行くと、
♪バッタン、バッタン
と、聞き覚えのある機(はた)をおる音が聞こえて来ました。
(この音は、娘が機をおる音!)
 母親はその音の方に近づいて行って、娘の名前を呼びました。
 すると娘が、鬼の屋敷から走り出て来たのです。
「お母さん、どうしてここへ?!」
「お前、無事だったのね!」
 母親と娘は、抱き合って再会を喜びました。
 今はちょうど、鬼たちは出かけて行って留守です。
 娘は大急ぎで母親にご飯を食べさせると、鬼に見つけられないように母親を石のひつの中に隠しました。
 そして間もなく、鬼が帰って来ました。
 鬼は家に入ると人間のにおいがすると言って、あたりをクンクンとかぎました。
「人間など、だれも来なかったよ」
 娘がそう言っても、鬼は庭の花を見るために出て行きました。
 庭の花には不思議な力があって、家の中にいる人間の数だけ花が咲くのです。
 鬼が見てみると、今朝は一つだった花が二つ咲いていました。
「お前、人間を隠しているだろう!」
 鬼が怒鳴ってきたので、娘はとっさに考えて言いました。
「そ、それはきっと、わたしのお腹に赤ちゃんが出来たからよ。そのために花が一つ増えて、二つになったのでしょう」
 すると今まで怒っていた鬼は急に飛びあがって喜び、大声を出して家来たちを呼び集めました。
「祝いじゃ! 酒を持って来い! 太鼓(たいこ)も持ってくるんじゃ! 早くしろ! 川の番をしている犬どもを殺して、酒のさかなにしてしまえ!」
 鬼はそう叫んで、飛び回りました。
 鬼の屋敷はたちまち大騒ぎになりましたが、そのうちに鬼たちは酒によいつぶれて、みんな寝込んでしまいました。
「今のうちだわ」
 娘は石のひつから母親を出すと、二人で鬼の家から逃げ出しました。
 川岸に着くと船がつないであったので、二人はそれに乗って向こう岸へこいで行きました。

 その頃、眠っていた鬼はのどがかわいて目が覚めました。
「おい、水をくれ!」
 鬼は娘を呼びましたが、返事もなければ姿も見えません。
「さては、逃げたな!」
 鬼は家来を起こすと、一緒に母親と娘の後を追いました。
 川岸に着いて見ると母親と娘の乗った船が、もう向こう岸の近くまで行っているのが見えました。
「それ、川の水をみんな飲んでしまうんだ!」
 鬼が家来たちに大声で言いつけると、家来の鬼たちは川に顔をつっこんで水をガブガブと飲み始めました。
 すると川の水はたちまちなくなり、母親と娘の船はどんどん後戻りして来ました。
 いよいよ鬼たちにつかまりそうになったとき、あの尼さんがどこからか現れて、
「お前さんたち、グズグズしていないで、早くお尻をまくって鬼どもに見せてやりなさい!」
と、言いました。
 尼さんも一緒になって三人が着物のすそをまくると、鬼たちにお尻を向けてプリプリプリッと振って見せました。
 さあ、それを見た鬼たちはゲラゲラと大笑いです。
 そのために飲んでいた水を、すっかり吐き出してしまいました。
 そしてそのおかげで船は向こう岸まで押し流され、母と娘はあぶないところを助かったのです。
 ですが不思議な尼さんはどこへ行ったのか、そのままいなくなっていたそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/07/16 Wed. 10:08 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form