12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

逃げ出した相撲取り 

逃げ出した相撲取り
兵庫県の民話


 むかしむかし、あるところに、とても力持ちのおじいさんがいました。
 おじいさんは大きなお寺の釣り鐘を一人で持ち上げたり、米だわらを何びょうもかついで歩く事が出来ました。
 それに相撲(すもう)がとても強くて、村の若者たちが一度に五人かかっても、たちまち投げ飛ばされてしまいます。

 ある日の事、このおじいさんのうわさを聞いて、本物の相撲取りがやって来ました。
 相撲取りは、田んぼでウシを使っていたおじいさんにたずねました。
「おい。この村には、相撲の強いじいさんがおるそうじゃが、知っているか?」
「はあ、まだ誰にも負けた事のない、強いじいさんがいますよ」
「何! 誰にも負けた事がないだと?! じいさんのくせして、なまいきだ。わしがひねり潰してやる」
 相撲取りは、じまんの太い腕をブンブンと振り回しました。
「ところでじいさん、その強いじいさんの家はどこだ?」
「はい、はい。今教えてあげますから、ちょっと待ってくださいよ」
 おじいさんはウシの後ろに付いている、大きな土掘り道具をはずしました。
 そしてウシをかつぎあげると、ヒョイと田んぼの外へ出したのです。
「なっ???」
 相撲取りは、ビックリです。
 それからおじいさんは、一人ではとても持ち上げられない土掘り道具を片手でつかむと、まるで棒切れみたいに振って言いました。
「ほれ、あそこに木が三本見えるでしょ。その横に立っているわら屋根が、じいさんの家です」
 それを見て、相撲取りは急に怖くなりました。
「そ、そのじいさん、そんなに相撲が強いのか?」
「さあ? ついこの前は、大イノシシを片手で叩きつぶしたそうですよ。しかし、いくら強いと言っても、本物の相撲取りに相撲で勝てるかどうか」
「・・・片手で、大イノシシを?」
  相撲取りは、すっかり弱気になってしまいました。
「で、でも、じいさんは、いや、そのお強いおじいさんは、家にいるかな? せっかく行っても、いないとガッカリするから、また今度来る事にするよ」
 するとおじいさんは、ニッコリ笑って、
「大丈夫。そのじいさんなら、ここにいますよ」
と、自分の顔を指さしました。
 そのとたん、相撲取りはブルブルと震え出して、
「うひゃーー!」
と、あわてて逃げ出したそうです。
関連記事

Posted on 2014/07/02 Wed. 10:21 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form