03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

クラゲのお使い 

クラゲのお使い


 むかしむかし、深い海の底に竜宮(りゅうぐう)がありました。
 ある日の事、病気のお后(きさき)が、急にサルのきもを食べたいと言い出しました。
 サルのきもは、どんな病気でも治すと言われているからです。
 そこで王さまは、クラゲにサルのきもを手に入れてくるように命じました。
 命じられたクラゲは張り切って、海の底からサルがたくさん住んでいるサルが島へやって来ました。
 ちょうど一匹のサルが、波打ち際で遊んでいます。
「よう、サルさん、こんにちは」
「おや、クラゲくん、いい天気だね」
「ねえ、サルさん。きみ、竜宮へ遊びに来ないかい? とってもいい所だよ」
「竜宮! 行く行く! ・・・でも、駄目だよ。ぼくは泳げないんだもの」
「それなら大丈夫さ。ぼくの背中に乗せていってあげるよ」
「本当かい、うれしいなあ」
 サルは、すぐにクラゲの背中に飛び乗りました。
 クラゲは、スイスイ泳いで海の中へ。
「うわっ、海の中ってきれいだなあ」
 珍しい景色にサルは、ただうっとり。
「さあ、サルさん、もうすぐ竜宮だよ」
 ところで、少し間の抜けたクラゲは、うっかりサルに聞いてしまいました。
「ねえ、きみ、きもを持ってる?」
「きも? どうして?」
「竜宮のお后さまが、食ベたいんだって」
(そ、それでぼくを。・・・こりゃ大変だ!)
 サルはビックリです。
 きもを取られては、死んでしまいます。
 でも頭の良いサルは、少しも慌てず残念そうに言いました。
「そりゃ、あいにくだな。今日はお天気が良いから、木の上に干してきたよ。クラゲくん、ご苦労だけど取りに帰ろうよ」
「そうかい。仕方がないや。じゃ、引き返そう」
 そこでクラゲは、またサルが島へ逆戻りです。
 島に着くと、サルは慌てて飛び降りて言いました。
「やーい、やーい、クラゲのお馬鹿さん。きもは木の上なんかにありゃしないよ。ぼくの体の中さ。アハハハハッ」
「ええっ! 本当かい?!」
 クラゲはくやしがりましたが、もう仕方がありません。
 トボトボと、竜宮へ帰って行ったクラゲは、
「この、間抜けクラゲめっ!」
「お前なんか、消えてしまえ!」
 王さまや魚たちに、メチャクチャに叩かれました。
 クラゲが今の様に骨無しになったのは、この為だそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/01/06 Mon. 13:49 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form