07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定095 

【質問】

下関市豊浦町の川棚地区にある国指定天然記念物「川棚のクスの森」。
一本の楠でふりながら、18本の枝がまるで森のように茂ることから「森」とよばれています。
また、その根元には、戦国時代にある亡骸が葬られたと伝えられています。
さて、その亡骸とはなんでしょうか。

【答え】

戦国武将の愛馬

【解説】

「川棚のクスの森」の根元には、天文20年、戦国武将・大内義隆とその家臣で謀反を起こした陶晴賢の戦いで、深手を負い命尽きた、義隆の愛馬「雲雀毛の名馬」が葬られていると伝えられています。
現在、その名馬は「楠の森霊馬神」と呼ばれ、祭られています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/07/22 Mon. 12:18 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form