01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定075 

【質問】

関の氏神・亀山八幡宮にある日本一の大鳥居の横には、藤原基晴に関する記念碑があります。
その碑の名前はなんというでしょうか。

【答え】

床屋発祥之地

【解説】

下関は床屋(理髪店)の発祥地です。
鎌倉時代、第90代亀山天皇の時代、京都御所から宝刀が盗まれました。
北面の武士で京都御所の守護職・藤原基晴は責任を感じて職を辞します。
かれは三男菜女之亮を連れて宝刀を探しに、交通の要所であり当時元寇で風雲急を告げていた下関に来ました。
菜女之亮は下関で新羅人から髪結いの技術を学び、現在の中之町付近に往来の武士を客とした髪結所を開店しました。
店の床の間には、以前仕えていた亀山天皇と藤原家の先祖を祀る立派な祭壇があったので、人々は「床の間のある店」転じて「床屋」、さらに「床屋」という屋号で呼ぶようになりました。
「床屋」という言葉は下関が発祥の地で、その後全国に広まっていきました。
宝刀紛失事件で職を辞してもなお、天皇陛下や先祖を祀り、宝刀探しを続ける親子の姿を見て、往来の武士や地元の人々も感銘を受けたことでしょう。
「床屋発祥之地」記念碑は、平成7年7月17日除幕されました。
「日本剃刀と櫛」を象った高さ4メートルの碑で、前中央には桜御影石を使って、人の顔と頭をあらわす丸石を据え「床屋発祥之地」と刻んでいます。
この碑は、下関理容美容専修学校長であった小野孝策先生たちの尽力により建立されました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/07/01 Mon. 11:59 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form