09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定072 

【質問】

戦前・戦中は関釜連絡船として、戦後は朝鮮半島からの引き揚げ船として活躍した船で、使われた錨が現在岬之町に設置されていますが、その船は何という船でしょうか。

【答え】

興安丸

【解説】

関釜連絡船として活躍した興安丸は、日本で最初に全室冷暖房を完備した、昭和を代表する客船でした。
敗戦後は、海外邦人の引き揚げ、在日コリアンの帰国輸送などにあたっていました。
昭和45年に広島県三原市で解体された後、現在岬之町に錨の一つが設置されています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2017/08/13 Sun. 11:21 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form