09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定069 

【質問】

明治34年5月27日神戸~赤間関間の山陽鉄道は、全線開通しました。
路線の決定には難しい問題があったと思われます。
たとえば、長府駅は長府市街地から離れた場所に開業しました。
これは騒々しい蒸気機関車に城下町を通過されるのはごめんだという地元からの要望もあったといわれています。
路線は長府駅から内陸部に入り、滑石トンネルを通り、一の宮から幡生を経由して下関駅に着きました。
地元住民の要望の他にもう一つ理由があり、その結果この路線になったのですが、その理由とは何でしょうか。

【答え】

要塞地帯をさけるため

【解説】

長府駅から海岸線を走り、火の山下を通って下関駅に入れば、最短の距離となり理想的といえるのですが、明治23年下関要塞砲兵大隊が設置されました。
このため西日本における国防の拠点である下関の火の山砲台の下を通る鉄道路線は考えられないことでした。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2019/06/25 Tue. 10:53 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form