07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定056 

【質問】

高杉晋作は、戦死した同志の霊を慰め、残るものも死を常に覚悟して臨むため、生墳を築く必要があるとして、招魂場を設けることを提唱しました。
こうして実現した招魂場には、同じ規格の墓標391柱が整然と並んでいます。
さて、この神社は何神社でしょうか。

【答え】

桜山神社

【解説】

高杉晋作は、戦死した同志の霊を慰め、また後に残る者も、死を常に覚悟して時局に臨むため、生墳を築く必要があるとして、共同の招魂の場を設けることを提唱します。
場所も新地町の背後にある小丘の「岡の原」に決定、慶応元年7月に上棟式が行われ、8月には招魂社落成の祭典が行われました。
招魂場には先覚の師・吉田松陰の霊を祀り、慶応2年の小倉戦争の戦死者を祀り、周囲には桜の木を植え、人々はこの岡の原を桜山といいならわすようになりました。
桜山神社の招魂場では身分の区別なく、同じ規格の墓標391柱が整然と並んでいます。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2017/07/25 Tue. 09:31 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form