09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定052 

【質問】

文久3年長州藩は攘夷を決行。
長州藩主毛利元周は、海岸近くの藩邸は危険ということで、御殿を急造しました。
この御殿はどこに建てられたでしょうか。

【答え】

勝山

【解説】

文久3年長州藩が攘夷を決行し、関門海峡の外国船に砲撃を開始。
長州藩主毛利元周は、外国船の報復攻撃に備えて、海岸に近い串崎城麓の藩邸を離れ、覚苑寺に仮住まいします。
そして、勝山の田倉にわずか七ヶ月で急造した藩邸が勝山御殿です。
元治元年2月に完成し、廃藩置県まで存続しました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2017/07/20 Thu. 08:48 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form